これからのイベント(主催・参加)

 

終了したイベント(主催・参加)

■第15回大阪大学共同研究講座シンポジウム~社会課題の解決に向けて~

■2021年(令和3年)11月16日(火) 13時30分~17時20分
■場所:千里ライフサイエンスセンター サイエンスホール ※アクセスマップ
    ※オンライン会議(Zoom)併用
■主催:大阪大学大学院工学研究科
■協力:大阪大学共創機構
■後援:文部科学省、経済産業省、国立研究開発法人科学技術振興機構、国立研究開発法人産業技術総合研究所、
    国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構、大阪商工会議所、一般財団法人大阪科学技術センター

 

大阪大学発の共同研究講座制度創設から15年、協働研究所制度10年の節目を迎え、
これからの産学連携のあり方を考えるとともに、コロナ禍により経済社会が急速に変化する中で、
カーボンニュートラルや人材育成などの「社会課題の解決に向けて」大学と産業界の連携は
どのような役割を果たすことができるのかについて議論いたします。

 

■プログラム
【特別講演】<オンライン>「産学連携の動向と今後の方向性について」
 下岡 有希子(文部科学省 科学技術・学術政策局 産業連携・地域振興課 産業連携推進室長)

【第1部 産学連携と人材育成の新しい取り組み】
・講演1 「社会との共創から社会創造へ~大阪大学共創機構の改革~」
 金田 安史 (大阪大学 理事・副学長、共創機構 副機構長)
・講演2 「インターンシップ・オン・キャンパス~工学研究科テクノアリーナの取組みの一環として~」
 倉敷 哲生 (大阪大学大学院工学研究科 研究科長補佐、教授)
 中川 貴  (大阪大学大学院工学研究科ビジネスエンジニアリング専攻 教授)
・講演3 「REACHラボプロジェクト~産学共創による次世代リーダー育成をめざして~」
 飯田 順子 (大阪大学大学院工学研究科大阪大学・島津分析イノベーション協働研究所 特任教授)

【第2部 産学連携とカーボンニュートラルの取り組み】
・基調講演<オンライン>「イノベーションによるカーボンニュートラルの実現」
 吉野 彰  (国立研究開発法人産業技術総合研究所 ゼロエミッション国際共同研究センター センター長)

・事例紹介 カーボンニュートラルへの取り組み
 1.「“C NEUTRAL 2050 design”」
 塚原 保徳 (大阪大学大学院工学研究科マイクロ波化学共同研究講座 招へい准教授)
 2.「eモビリティを核としたカーボンニュートラル・シティの実現に向けて」
 太田 豊  (大阪大学大学院工学研究科モビリティシステム共同研究講座 特任教授(常勤))
 3.「カーボンニュートラル社会に向けたフューチャー・デザイン」
 原 圭史郎 (大阪大学大学院工学研究科附属フューチャーイノベーションセンター 副センター長、教授)

【パネルディスカッション 産学連携と社会課題の解決に向けて】
ファシリテーター 
 秦 茂則 (大阪大学共創機構 機構長補佐、工学研究科社会連携室副室長、教授)
パネリスト
 塚原 保徳(マイクロ波化学共同研究講座 招へい准教授)
 太田 豊 (モビリティシステム共同研究講座 特任教授(常勤))
 飯田 順子(大阪大学・島津分析イノベーション協働研究所 特任教授)
 原 圭史郎(附属フューチャーイノベーションセンター 副センター長、教授)

 

■参加費:無料
■定員:会場60名、オンライン150名(予定)
■詳細:プログラムPDF
■お問い合わせ:大阪大学大学院工学研究科 社会連携室 TEL:06-6879-4218 secretary[at]liaison.eng.osaka-u.ac.jp

 

■研究・イノベーション学会 第36回年次学術大会

■日時:2021年(令和3年)10月30日(土)・10月31日(日)

■場所:オンライン開催(Zoom利用)

■主催:研究・イノベーション学会

■発表:10月31日B会場 15:20-17:00 一般公演「産官学連携・地域3」
 2B23 共同研究講座15年・協働研究所10年での活動の展開(1)
    ~企業から見たメリット、学術的成果及び知財~
 2B24 共同研究講座15年・協働研究所10年での活動の展開(2)
    ~Hitz協働研究所の事例および産学連携研究会活動の報告~

※詳細は、https://jsrpim.jp/archives/4514 (研究・イノベーション学会)

 

■産学連携学会 第19回大会【名古屋大会】

■日時:2021年(令和3年)6月3日(木)・4日(金)

■場所:オンライン開催(Teams利用)

■主催:特定非営利活動法人 産学連携学会

■発表:6月4日C会場 15:45-16:30「産学官連携プロジェクト」

※詳細は、http://j-sip.org/annual_meeting/19th_2021/19th_index.html (産学連携学会)

 

■大阪大学大学院工学研究科×大阪科学技術センター 連携協力キックオフシンポジウム
 (第14回大阪大学共同研究講座シンポジウム)
 「企業×阪大で何ができるか」

■日時:2020年(令和二年)11月26日(木) 14時15分~18時00分
■場所:大阪科学技術センター 8階大ホール ※アクセスマップ
    ※オンライン併催。
■主催:大阪大学大学院工学研究科、大阪科学技術センター
■協力:大阪大学高等教育・入試研究開発センター、大阪大学COデザインセンター

 

大阪大学大学院工学研究科と大阪科学技術センターの連携協力協定の締結を記念し、キックオフシンポジウムを開催致します。
社会情勢がコロナ禍の中で様々に変化していく中で、オープンイノベーションによる自社保有技術の異分野への活用や
産学共創による人材育成など、社会課題を解決し得る連携の在り方を検討します。

 

■プログラム
【第1部 社会課題解決を目指した取り組み】
・工学研究科テクノアリーナ創設と概要について
 工学研究科附属フューチャーイノベーションセンター センター長・教授 林 高史
・テクノアリーナ~「もったいない工学」のポテンシャル
 工学研究科環境エネルギー工学専攻 教授 池 道彦
・フューチャー・デザイン研究と社会実装の最前線
 工学研究科附属フューチャーイノベーションセンター 副センター長・教授 原 圭史郎

【第2部 産学による共同研究と人材育成の事例】
・産学による人材育成の取組みについて
 工学研究科ビジネスエンジニアリング専攻 専攻長・教授 倉敷 哲生
・産学共創におけるコミュニケーション能力の涵養
 COデザインセンター センター長・教授 池田 光穂
・産学共創講座での人財育成、その“意義”と“夢”
 アルバック未来技術協働研究所 招へい教授 村上 裕彦
・産学による共同研究と人材育成の取組みについて
 ダイキン協働研究所 招へい教授 佐藤 数行

【第3部 企業価値の向上のために企業と阪大の連携で何ができるか?】(パネルディスカッション)
パネリスト
 工学研究科ビジネスエンジニアリング専攻 専攻長・教授 倉敷 哲生
 COデザインセンター センター長・教授 池田 光穂
 アルバック未来技術協働研究所 招へい教授 村上 裕彦
 ダイキン協働研究所 招へい教授 佐藤 数行
コーディネーター
 工学研究科附属フューチャーイノベーションセンター 副センター長・教授 原 圭史郎

 

■参加費:無料
■プログラム詳細:プログラムPDF(2.0MB)
■お問い合わせ:大阪科学技術センター 総務部企画室、大阪大学大学院工学研究科 社会連携室

 

■産学連携学会 第18回大会【秋田大会】

■日時:2020年(令和2年)11月17日(火)・18日(水)

■場所:オンライン開催(Zoom利用)

■主催:特定非営利活動法人 産学連携学会

■発表:11月18日D会場 9:00-10:00「産学官連携プロジェクト3」

※詳細は、http://www.j-sip.org/annual_meeting/18th_2020/18th_index.html (産学連携学会)

 

■研究・イノベーション学会 第35回年次学術大会

■日時:2020年(令和2年)10月31日(土)・11月1日(日)

■場所:オンライン開催(Zoom利用)

■主催:研究・イノベーション学会

■発表:11月1日E会場 15:50-16:50 一般公演「産官学連携・地域3」
 2E20 共同研究講座・協働研究所を基盤とする研究開発エコシステムの構築(1)
    -大阪大学大学院工学研究科における取組-
 2E21 共同研究講座・協働研究所を基盤とする研究開発エコシステムの構築(2)
    -大阪大学大学院工学研究科における人材育成の取組
 2E22 共同研究講座・協働研究所を基盤とする研究開発エコシステムの構築(3)
    -大阪大学大学院工学研究科における取組 Hitz協働研究所の事例

※詳細は、http://jsrpim.jp/?p=3922 (研究・イノベーション学会)

 

■第13回「大阪大学共同研究講座シンポジウム」
 ~産学共創による"研究開発エコシステム"の構築に向けて~

■日時:2019年(令和元年)11月11日(月) 13時00分~17時35分
■場所:大阪大学中之島センター10F 佐治敬三メモリアルホール ※アクセスマップ
■主催:大阪大学大学院工学研究科
■共催:大阪大学共創機構産学共創・渉外本部

 

大阪大学は、2018年に指定国立大学法人となり、社会変革に貢献する世界屈指のイノベーティブな大学となることを標榜しています。工学研究科はその先頭に立ち、“Innovation on Campus together with Industry”を実践し、超スマート社会のその先、さらに先、を目指しています。

今回のシンポジウムでは、「知」、「人材」、「資金」の好循環に向けて、本学が目指す産学共創による「研究開発エコシステム」の構築について、共同研究講座・協働研究所の取り組みを起点にして考えます。
あわせて、将来世代に持続可能な社会を引き継ぐための「フューチャー・デザイン」の視点からも現制度のありかたを考えるとともに、産官学の関係者からご提言をいただき、持続可能なイノベーションの創出に向けた実効性のある産学連携推進について意見交流を深め、全国の産学連携関係者へと発信します。

 

【プログラム】
●講演1『大阪大学における産学共創の取り組みについて』
金田 安史 大阪大学共創機構産学共創・渉外本部長 統括理事・副学長

●講演2『日本製鉄の産学連携への取り組み~「知」「人材」の好循環~』
宮原 光雄 日本製鉄株式会社 技術開発本部 フェロー

●講演3『東工大における「産学連携」と「ベンチャー創出」』
武重 竜男 東京工業大学 研究・産学連携本部 副本部長、特任教授

●講演4『フューチャー・デザイン』
原 圭史郎 大阪大学大学院工学研究科附属オープンイノベーション教育研究センター、教授

●講演5『産学共創による「研究開発エコシステム」の構築』
松尾 泰樹 内閣府政策統括官 科学技術・イノベーション担当

●パネルディスカッション『いかにして好循環を作るか』
ファシリテータ
橋本 道雄 大阪大学共創機構産学共創・渉外本部 副本部長、教授
パネリスト
金田 安史 大阪大学共創機構産学共創・渉外本部長 統括理事・副学長
宮原 光雄 日本製鉄株式会社 技術開発本部 フェロー
武重 竜男 東京工業大学 研究・産学連携本部 副本部長、特任教授
松尾 泰樹 内閣府政策統括官 科学技術・イノベーション担当
中澤 慶久 大阪大学大学院工学研究科 Hitz協働研究所 所長、特任教授

 

■詳細はこちら:プログラムPDF※随時更新
■参加費:無料(シンポジウム後の情報交換会は会費有料)
■お問い合わせ:大阪大学大学院工学研究科 社会連携室

 

■研究・イノベーション学会 第34回年次学術大会

■日時:2019年(令和元年)10月26日(土)・27日(日)

■場所:政策研究大学院大学

■主催:研究・イノベーション学会

■発表:10月26日C会場 11:15-12:45 一般公演「産官学連携・地域2」
 1C06 大阪大学Industry on Campusによる産学共創(1)-工学研究科における最近の展開
 1C07 大阪大学Industry on Campusによる産学共創(2)-工学研究科における人材育成の取り組み
 1C08 大阪大学Industry on Campusによる産学共創(3)-Hitz協働研究所設置10年の事例評価

※詳細は、http://jsrpim.jp/?p=3428 (研究・イノベーション学会)

 

■産学連携学会 第17回大会【奈良大会】

■日時:2019年(令和元年)6月20日(木)・21日(金)

■場所:奈良県文化会館

■主催:特定非営利活動法人 産学連携学会

■発表:6月21日B会場 10:15-11:00「産学官連携プロジェクト5」

※詳細は、http://www.j-sip.org/annual_meeting/17th_2019/17th_index.html (産学連携学会)

 

■第12回「大阪大学共同研究講座シンポジウム」
 ~“医・工連携”の展開~

■日時:2018年(平成30年)10月10日(水) 13時30分~17時15分
■場所:大阪大学中之島センター10F 佐治敬三メモリアルホール
■主催:大阪大学共創機構産学共創本部、大阪大学大学院医学系研究科、大阪大学大学院工学研究科

 

2006年にスタートした共同研究講座制度は今年13年目に入り、2011年に共同研究講座の発展形として制度化された協働研究所を含め、その設置数は全学で計80件を超えるに至った。
工学研究科が先導した本制度が全学的な広がりとなる中、部局それぞれ、活動の形には個性と特色がみられる。
今回のシンポジウムでは、部局間、とりわけ設置数の多い医・工相互のシナジー効果を考える。
「Industry on Campus」が学内のリソースとして定着する中、さらなる共創の場の創出につながる可能性について具体例から検討する。

 

■お問い合わせ:大阪大学大学院工学研究科 社会連携室

 

■研究・イノベーション学会 第33回年次学術大会

■日時:2018年(平成30年)10月27日(土)・28日(日)

■場所:東京大学 本郷キャンパス

■主催:研究・イノベーション学会

※詳細は、http://jsrpim.jp/?p=3013 (研究・イノベーション学会)

 

■産学連携学会 第16回大会【山口大会】

■日時:2018年(平成30年)6月14日(木)・15日(金)

■場所:山口県教育会館

■主催:特定非営利活動法人 産学連携学会

※詳細は、http://www.j-sip.org/annual_meeting/16th_2018/16th_index.html (産学連携学会)

 

■第11回「大阪大学共同研究講座シンポジウム」
 ~SDGsに向けた産学連携~

■日時:2018年(平成30年)3月28日(水) 13時30分~17時35分
■場所:大阪大学中之島センター10F 佐治敬三メモリアルホール
■主催:大阪大学大学院工学研究科
■協力:大阪大学共創機構産学共創本部、大阪大学大学院医学系研究科

 

大阪大学は、「社会変革に貢献する世界屈指のイノベーティブな大学」を将来像に掲げ、不安定、不確定、複雑、曖昧な現代社会にあって、社会の多様な担い手とともにイノベーションの可能性を探ることで、社会の持続的成長への貢献を目指しています。
この概念こそ「共創」であり、広く世界に目を転じると、国連のすすめる「持続可能な開発目標/SDGs(Sustainable Development Goals)」の理念にも繋がります。
工学研究科は、産学連携のフロントランナーとして、2006年より「Industry on Campus」の標語の下、新しい産学連携モデルである共同研究講座制度を開始しました。本制度は、これまで個々の教員で行われてきた共同研究の在り方を大きく変え、2011年から導入された協働研究所とともに、多くの成果を産み出してきています。

今回のシンポジウムでは、このような企業のニーズに基づく共同研究の仕組み、すなわち「企業提案型の組織連携」の成果について取組みの具体例から検証します。
また、本制度を持続可能に発展させていくための課題、目標設定、新たな仕掛けなどについて議論し、価値創出に向けた実効性のある本格的な産学連携推進について意見交流を深め、全国の産学連携関係者へと発信します。

 

■お問い合わせ:大阪大学大学院工学研究科 社会連携室

 

■研究・イノベーション学会 第32回年次学術大会

■日時:2017年(平成29年)10月28日(土)・29日(日)

■場所:京都大学 吉田キャンパス

■主催:研究・イノベーション学会

※詳細は、http://jsrpim.jp/?p=2559 (研究・イノベーション学会)

 

■産学連携学会 第15回大会【とちぎ大会】

■日時:2017年(平成29年)6月15日(木)・16日(金)

■場所:栃木県総合文化センター

■主催:特定非営利活動法人 産学連携学会

※詳細については、http://j-sip.org/annual_meeting/15th_2017/15th_index.html (産学連携学会)

 

■第2回「先進的産学官連携シンポジウム」(第9回「大阪大学共同研究講座シンポジウム」)
 ~社会との「協創・共創」によるオープンイノベーションへ~

■日時:2016年(平成28年)11月7日(月)  13:30~17:00
■場所:東京大学 伊藤国際学術研究センター 伊藤謝恩ホール
■主催:東京大学大学院工学系研究科、大阪大学大学院工学研究科

 

「組織」対「組織」の本格的な産学連携の推進が求められている。大学、企業、政府・自治体、市民などの多様な関係者がともに新たな価値を作り出すイノベーションネットワークの構築が急務である。
大阪大学では2006年度より「共同研究講座」を、東京大学では2008年度より「社会連携講座」を、制度として設け、先行的に組織連携を進めて来た。2011年7月、両者により、取組みから得られた知見などの議論を目的に「(第1回)先進的産学官連携シンポジウム」が開催された。
今回のシンポジウムでは、先の開催から5年が経過した現在の取組みの実際を工学の立場から報告し、今後の取組みについて議論するとともに、両大学の講座の特徴、今までに得られた知見、持続可能な価値創出に向けた実効性のある仕掛けなど、本格的な産学連携について意見交換を深め、全国の産学連携関係者へ発信する。

■お問い合わせ:大阪大学大学院工学研究科社会連携室

 

■研究・イノベーション学会(第31回年次学術大会)

■日時:2016年(平成28年)11月5日(土)・6日(日)

■場所:青山学院大学 青山キャンパス

■主催:研究・イノベーション学会

※詳細については、http://jsrpim.jp/wp/?p=1925 (研究・イノベーション学会)

 

■産学連携学会 第14回大会【浜松大会】

■日時:2016年(平成28年)6月16日(木)・17日(金)

■場所:アクトシティ浜松

■主催:特定非営利活動法人 産学連携学会

※詳細については、http://www.j-sip.org/annual_meeting/14th_2016/14th_index.html (産学連携学会)

 

■第8回「大阪大学共同研究講座シンポジウム」
~共同研究講座制度10年の歩みと今後の展開~

■日時:2015年(平成27年)12月2日(水) 13時00分~17時30分
■場所:大阪大学中之島センター 10階佐治敬三メモリアルホール
■主催:大阪大学産学連携本部、大学院工学研究科
 

「Industry on Campus」と掲げて全国に先駆けて発足した「共同研究講座制度」も創設から10年に入り、産学連携の新しい形として幅広く認知されるとともに、昨年度の第12回産学官連携功労者表彰文部科学大臣賞を受賞するなど、高い評価をいただいています。
本シンポジウムでは、「共同研究講座制度10年の歩みと今後の展開」をテーマとし、これまでの成果を確認するとともに、共同研究講座・協働研究所を基盤とした産学連携の新しい展開、人材育成に関する成果と期待など、今後の10年に向けた展望について議論を行いたいと思います。是非ご参加ください。

 

■お問い合わせ:大阪大学大学院工学研究科 社会連携室

 

■研究・技術計画学会(第30回年次学術大会)

■日時:2015年(平成27年)10月10日(土)・11日(日)

■場所:早稲田大学 西早稲田キャンパス

■主催:研究・技術計画学会

※詳細については、http://jssprm.jp/wp/?p=1424 (研究・技術計画学会)

 

■産学連携学会 第13回大会【北見大会】

■日時:2015年(平成27年)6月25日(木)・26日(金)

■場所:北見工業大学

■主催:特定非営利活動法人 産学連携学会

※詳細については、http://www.j-sip.org/annual_meeting/13th_2015/13th_index.html (産学連携学会)

 

■「大阪大学共同研究講座シンポジウム」過去の開催状況 (第1回~第10回)

         
  テーマ 場所 プログラム

第10回

2016/12/7

制度発足10周年記念
大阪大学が目指す新たな産学連携の取り組み

中之島センター ・基調講演(産連本部)
・活動紹介(研究科・研究所 計5件)
・パネルディスカッション
・ポスター展示(共同研究講座・部門、協働研究所 計6件)

第9回

2016/11/7

第2回先進的産学官連携シンポジウム
~社会との「協創・共創」によるオープンイノベーションへ~

東京大学 ・講演(東大、阪大)
・特別講演(コマツ)
・報告(社会連携講座、共同研究講座・協働研究所 計4件)
・パネル討議

第8回

2015/12/2

共同研究講座制度10年の歩みと
今後の展開

中之島センター ・基調講演(産連本部)
・特別講演(文科省、経産省)
・成果と期待・予測(発表8件、ポスター展示14件)
・討論会

第7回

2014/12/8

「Industry on Campus」は何をもたらしたか?
(実践現場から見た成果と課題)
中之島センター ・基調講演(産連本部)
・特別講演(文科省、経産省、産連本部)
・新設講座・研究所紹介(ポスター展示、発表2件)
・話題提供(共同研究講座・協働研究所 計4件)
・討論会

第6回

2013/12/16

進化する産学連携
-ソリューションの新たなツールとなる融合の場を目指す
中之島センター ・講演(文科省、経産省、産連本部)
・講座発表(共同研究講座 計3件)
・講座発表(親元企業 計4件)
・討論会

第5回

2012/12/7

産学連携の新たなステージに向けて 中之島センター ・講演(産連本部、社会連携室)
・活動紹介(共同研究講座・部門、協働研究所 計14件)
・パネルディスカッション

第4回

2011/12/12

基盤研究=競争力に・運営の実際・「協働研究所」開始 中之島センター ・講演(産連本部、社会連携室)
・活動紹介(共同研究講座・部門、協働研究所 計14件)
・パネルディスカッション

第3回

2011/7/26

先進的産学官連携シンポジウム 東京国際フォーラム ・来賓挨拶・施策(文科省、経産省、国交省)
・講演(東大、阪大)
・活動紹介(共同研究講座・社会連携講座 計8件)
・パネルディスカッション

第2回

2010/12/10

Industry on Campus
-オープンイノベーションの新たな形
銀杏会館 ・講演(産連本部、社会連携室)
・活動紹介と意見交換(共同研究講座・部門 計14件)
・パネルディスカッション

第1回

2009/12/14

Industry on Campusの実践 銀杏会館 ・特別講演(近畿経済産業局)
・講演(共同研究講座 計7件)